究極的ナルシスト

人がやれるなら、僕にもできる、と常に思っています。僕はそんな僕が好きだし、カッコイイ、と思っています。

 

誰から言われなくても関係ない。僕が僕自身を認めてるというのが大事なんです。

 

こんなふうに言うと、僕は ナルシスト と思われるかもしれません。

 

ええ、正解です。僕は ナルシスト です。

 

今回はそんな僕のナルシストぶりを書いていきます。

 

 

日本の文化的に ナルシスト というのは、嫌われる、煙たがれる存在です。

 

どんな人をそう形容するかというと、かっこつけて、斜に構えて、スカしているような ナルシストです。僕はそんな ナルシスト は二流だと思います。二流 ナルシスト です。そんな承認欲求 ナルシスト はまだまだです。

 

究極的ナルシスト は、自分で自分を認める。誰からも認めてほしいなんて思っていない。

 

自分で自分を認めます。故に最強なんです。周りのことなんて考えません。

 

最近はインスタ、ツイッターでいいねをもらうことかステータスになっている文化があると思います。

 

でも、他人からのいいねを望んでいたら、その欲求はどこまでも満たされませんよ。誰かからいいねをもらっても、もっといいねがほしいですよね?つまり、底なしです。

 

自分でいいねを押す選択肢があることを知らないのかもしれませんね。なら、今からあなたは自分で自分にいいねを押せばいい。

 

他人が認める前に自分を認める、そうすれば自ずと他人は認める。でも、まずは自分から認めることです。

 

いつでも、僕は僕にいいねを押します。そうすればいいんですよ。最強ですよ。いつでもいいねかもらえますし、一番満足度か高いです。

 

周りの目なんて気にしていたら、どこまでも迷ってしまいますし、自分を見失います。それは親でも例外ではありません。

 

他人に相談してもいい、でも、僕はしません。迷うから。結局、自分で決める以外選択肢がないのです。

 

自分で自分にいいねを押すこと。究極的ナルシスト になること。それが人生を生きるということだと僕は思います。

 

他人に振り回されるのはやめにして、他人を振り回す側にまわりましょう。

 

そんなことを言う僕は、また自分のことをカッコイイと思っています。自分にいいねです。

 

今回はこんなところで。

 

今回のブログのヒント↓

  • THE WORLD IS MINE/くるり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です