瞑想で睡眠時間を短くできた

以前、瞑想の記事を書きました。

今回はそれの継続レポートを書いてみようと思います。

この本↓を読んで以来、瞑想の習慣は続き、僕の生活習慣、ルーティンになりつつあります。

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ

おかげで毎日気分は以前より穏やかに保つことができています。 僕が瞑想を続けたことにより具体的な効果として感じるのは、

  • 肩こりがなくなった
  • 毎日、目覚ましが鳴る前に起きることができるようになった
  • 感情、反応を選択できるようになった
  • メタ認知能力UP

といったところでしょうか。

ここは成長してるかも、と思うのは、何かを言われたときにすぐに怒ったり、 悲しんだり、そういった一喜一憂をしなくなったことです。 これはメタ認知能力がUPしたことで、感情が切り替わる前に、次の感情を選択することができるようになったのだと思います。(多分) そして、瞑想の効果を最も感じているのは、睡眠の質の向上です。

自分でも不思議なくらい朝はスッキリ起きられるようになったし、 それでいて体調もいいような気がします。 これができるようになったので、帰るのがちょっと遅くなったり、寝る時間が遅くなったりする日は、 瞑想して体力を短い睡眠時間で回復させるようにしています。

僕は2,3日に1回のペースで、寝る前に瞑想をするようにしています。 ただ残念なことに僕には自分の部屋がないため、家族が寝静まったときに電気を消して、 耳栓をして完全に集中できる状況で瞑想をするようにしています。

最近は瞑想自体に慣れてきて、雑念が発生する前に棚上げする、という ことも少しずつできるようになってきました。

瞑想には幾つか段階があり、境地瞑想(NIRVANAというらしいです。ロックですね。)に入ったときは すごく気持ちいいです。早く狙ってこれに入れるようになりたいですね。 瞑想が終わると、なんともスッキリ。そして、「この世はこんなに騒がしいか」 と思うほど瞑想中の静かさに気付かされます。 その後はいくらかストレッチをしたりして思い切りリラックスするのですが、一休みをしていると 疲れてはないけど、もう充電をすべて使い果たしたかのような感覚になり、「ああ、もうこれは寝るしかない。。」という状態に。

そして、その欲望のまま次の日を迎えると、不思議なくらいスッキリ起きちゃうんです。 いや、ほんとに。なんなら仕事がない日もその時間に目覚めちゃいます。勝手に。 マジ、瞑想。サンクス、瞑想。すごすぎ、瞑想。

睡眠について、思い返してみると、 以前の僕は眠りに入るとき、考え事をしながら眠りに入っていたように思います。 でもそれってよくない(らしい)です。 もっと言えば、夢は見ないほうが体力の回復という点では、いい(らしい)です。 夢を見ている間は、脳が物事を整理している、というのはよくある話ですが、 つまりは睡眠中でも脳は作業しているのです。体力を使っているのです。

睡眠しているときに回復するはずの体力が、この作業にエネルギーがまわされちゃっている、のです。 みたいな文章をどこかで読んだ記憶があります。 例えるなら、スマホを充電しながら使う、ってのがあまりよろしくないということは、知っている人は知っていると思いますが、 人が睡眠の最中に夢を見る、ってのはそれと同じような感じですね。

なので僕は眠る時間が限られたときは、あえて瞑想をするようにしています。 無駄に脳に体力を奪わせないようにし、睡眠時間を逆に削るのです。 そう、だから、寝る時間がないときこそ、瞑想をする。

ここまで、睡眠の質が向上するなんてつらつらと述べてきたのですが、あくまでもこれは僕の感想、経験、体験です。無責任でごめんなさい。 そうでない人もいるのかもしれません。 ただ騙されたと思って一度やってみてください。 うまくいけばハッピーになれるかもしれません。 うまく睡眠をすることができるようになると、朝気分良く起きることができまし、 そうするとその日の仕事、その日のやることを最高の状態で進めることができます。

良いスタートは前日の睡眠から。レッツ瞑想。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です