毎日、振り返ること

毎日、仕事を振り返っていますか?

僕はこの間、カイゼンジャーニーを読んでから、ちゃんと振り返るようにしましたよ。

なぜなら、カイゼンジャーニーに出てくる主人公のように、僕は周りに影響を与えることのできる人になりたいからです。

今回は、そんなカイゼンジャーニーを紹介させてください。

 

どうせ辞めるのなら。。。

 

主人公の江島が会社をやめる前に、どうせ辞めるのなら一度やってみてもいいだろうという気持ちから仕事の改善を始めます 。

 

江島はまず

「一人からはじめる」

 

その中で仲間に出会い

「チームで強くなる」

 

そして最後には

「みんなを巻き込む」

 

というふうに環境を改善していきます。

 

一方で、僕の仕事場はそんな空気包まれています。

だから、僕は一人から始めています。

僕は一人でも仕事は振り返ります。

 

ここから少しでも変われば、と思っています。チームはまだ目に見えるようには変わってはいません。

でも僕は何か変わるかもしれないと思っています。

 

振り返り

 

「振り返りで仕事のやり方を見直す」

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまでより引用

 

ここの部分がとても気に入っていて、絶賛トライしています。

 

これを実行する具体的なツールとして、僕は Google keepを使っています。

 

とはいっても、ツールは何でもいいです 。

Jira,gitlab, githubとか色々あると思うのでチームで使っているツール採用するといいと思います 。

 

ところでこの「振り返り」、やり始めると、自分のパフォーマンスの低さにびっくりします。

僕は少なくともびっくりしました。

 

そして、僕はこれを繰り返すことで自分の仕事のパフォーマンスをあげようと思っています。

 

一方で、僕のこの振り返りの作業を知っているチームメンバーいません 。悲しいことに。そう、僕にはまだ仲間がいません

 

僕こんな疑念を抱いています。

 

誰も「チームでは効率化」なんてことを考えていない、ミーティングなんて必要ない、業務に関係ないことなんて必要ない、と思っているのかもしれません。

 

本当にチームメンバーがこう思っていて、僕がそれを感じ取ってしまったならば、僕はこのチームを去る以外はありません。

 

まとめ

 

今、僕のいるチームは何も変われていません。

 

もしこのままならば僕はチームを去る決意をしています。

 

だからこそ僕は最後の望みをかけてチームが変わるための取り組みをしています。

 

もしも僕の取り組みが間違いとされてしまったならば 、そこにはまるピースではなかったと思います。チームの水が合わなかったということです

 

とにかく行動して、ベストを尽くしています。

 

誰しもいきなり変われません。

ましてや、チームで変わるなんてほぼ不可能かもしれません。

でも、誰かがそういう気持ちにならないと、チームも変わりません。

だから、まずは一人からはじめないといけません。

 

そして今日も僕は一人で行動しています。 

 

今回のテーマのヒント↓

 

  • カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで/市谷 聡啓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です