おじさんは悪魔に取り憑かれるらしい

唐突ですが、おじさんの定義は何でしょうか?

 

見た目でしょうか?に年齢でしょうか?

 

僕の回答としては、考えなくなった人だと思います 。

そういった人を男性ならばおじさん、女性ならば おばさん 僕は考えています。

 

そういう考えないという姿勢、長いものに巻かれるという姿勢の、いわゆる、おじさんがあなたの仕事場にはいるでしょう。

今回は彼らとどうやって付き合っていくかついて書いていきます。

 

考えない習慣がおじさんを生む

 

悪魔を出し抜け/ナポレオンヒルでは、人間は習慣によって形成されるとありました。

考えなくなれば、悪魔の手によって人間は書き換えられてしまいます。

 

僕が考えるおじさんは基本的にだらしない。

 

おじさんは考えないから女にだらしない。

おじさんは考えないからあんな風にたくさん食べてだらしない体型になります。

おじさんは考えないから成長しません。

 

つまり、おじさんというのは、考えないという習慣が結果になっているのだと僕は思います。

 

そんなおじさんにあなたはなりたいですか?

 

そういったおじさんにならないための唯一の方法は、近づかないことです。

 

会社ならばそのおじさん以外の上司に相談することです。

物理的に距離を取ることです。異動を申し出ることです。

 

もし仮にそれで クビになるならば、なればいいと思います。

そんな会社、どのみちこの先潰れるのですから。

もっといい給料で好きなことをやったほうがいいと思います。

 

 

考える人間になること

 

僕の話をさせてください。

僕はエンジニアとして、仕事ではレガシーコードというプログラム 問題のある状態のプログラム 綺麗にするという取り組んでいます。これを改善する方法として、最近の手法ではテストコードというものが主流となっています。

 

しかし、 おじさんは考えないのでそういったことを学ぼうとしません。

 しかし、よく考えずに、テキトーな理由で今知っているもので満足して、なんとなくで仕事をしてしまっているなんておかしいと僕は思います。

 

それしか知らないからそれしか使わなくなるというのは視野があまりにも狭くなっていると思います。

 

そして、最悪のパターンは考えるおじさんがチームに集まることです。

チームで考えないおじさんが集まると最悪です。

そのおじさん達は長いものに巻かれ合います。

そしてその結合力はとても強力です。

それはとても悲しいことに。

 

まとめ

 

あなたのチームにはおじさんがいますか?おばさんがいますか?

 

彼らが上司であるならば今すぐ去ることを考えた方がいいかもしれません。

もしその人が尊敬できないのであれば。やる気を削いだりする人であるのであれば。

 

年功序列の時代は終わりました。そして、これから実力が物を言う世界になっていきます。

好きなことではないと食べていけない生きていけない時代になります。

そういう時代にシフトしています。

 

その中で僕らはこれから考える人間として、理性を保ってコントロールし、直感で好きなことをする。そして、そういう好きなことを仕事にする時代になると思います。もしその仕事がなければ作るという世界になっていきます。

 

そういう世界を考えても、今すぐにでも離れるべきだと思います。

そして近づかない。彼らはあなたは不幸にするだけです。

この偉そうなことに僕ですが、今は何もありません。

 

ないけどこうやって文章であなたのことを支えることができます。

そんなおじさんに僕はなりたくないと思っています。そしてあなたもなってはいけません。

 

だから考える人間になりましょう。

 

今回のテーマのヒント↓

  • レガシーコード改善ガイド/マイケル・C・フェザーズ
  • ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>/リンダ グラットン
  • 悪魔を出し抜け/ナポレオンヒル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です