一にも二にも、幸せを考える

 

あなたは人間関係で悩みはありますか?この記事にありついたってことは、もしかしたら、そういう人なのかもしれませんね。

いや、僕も人間関係に悩むことはありますよ。だけど、解決もできるようになりました。

ということで、今回は人間関係を少し楽にする、あなたをもう少し素のあなたでいられるようにするというテーマで書いていきます。

 

 

いきなり、結論となりますが、とにかく自分の幸せが一番になるように動くこと、これが今回の記事で伝えたいことです。

 

例えば、仕事での、接待や、飲み会を例にとってみましょうか。 なんのメリットもないから、この会を断われないかな、って思うことはありませんか?

 

もし、あなたにとってその会に行くことによって得られるメリットがいくらかあるのなら行ってもいいと思います。お酒が好きとか、先輩からいい話が聞けるかもとか、気になるあの人とあわよくば、とか。

 

でも、行くメリットが全くなく、イヤイヤ行くのならば、行かなくていいと思います。

 

仕事だから仕方ない。メリット・デメリット、損得だけじゃない。という言い分もあると思います。その会に行かないと、仕事がこない、契約がとれない、あると思います。

 

それでも僕の意見は変わりません。なぜなら、たとえそれが仕事であったとしてもイヤイヤやっていたら、どこか自分に嘘をつかなければならなくなり、最後はバッドエンドです。

 

正直に生きないと、要らない 人間関係 によって、 幸せ は減っていきます。

 

この例でいうと、今の仕事を失うか、自分を失うか、どちらかを選ぶことが、後にも先にも幸せを増やす道です。

 

 

プライベートにおいても仕事においても、 幸せ のための行動をする、という点では同じです。

大事なことは嫌なことはしない、自分に正直になることです。

 

だからって、今すぐに仕事をやめましょう、というわけではありませんが、可能ならばやってもいいのでは?と思います。

責任は取れませんが。

 

自分から変われるところから変わること、小さくでいいから行動をはじめることです。例えば、嘘をつく自分は好きでしょうか?道端のゴミを知らんぷりする自分は好きでしょうか?こんなところからのスタートでも行動しないよりはマシです。

 

別のアイデアとして、常にこう質問するのはどうでしょうか?「こんなことする自分を自分は認められるだろうか?」と。

 

こうやって自分から変わることで、少しずつ世界は変わります。少なくとも僕はそんなふうに変わってきました。1年前は他人の悪口ばかり言ってましたけど、たかだか1年でこんなことを言い出すくらいにはなりました。

 

あなたはこれから仕事をやめることになるかもしれませんし、周りが変わってくるのかもしれません。

しかし、兎にも角にも、行動するのはあなたからです。

 

 

嫌われることは悲しいことでしょうか?辛いことでしょうか?

むしろ自分にウソをつくほうが悲しくて、辛いことなのではないでしょうか?

 

今回は偉そうに、理想論を言ったのかもしれません。人によっては、宗教か何かかと思った人もいるかもしれません。でも、宗教でもなんでもなくて、真面目に僕はこのことを言っています。

 

過去を振り返ると、以前の僕は他人の欠点を見つけては、うるさく言うような人間でした。

 

でも、僕がこんなことを言うくらいに変われたのは、本のおかげです。(もちろん変なオカルトの本ではありませんよ。)

 

嫌われるのは悲しいことでしょうか?辛いことでしょうか?むしろ自分に嘘をつくほうが悲しいのではないでしょうか?

 

今回のテーマのヒント↓

  • 「いい人」をやめれば人生はうまくいく/午堂登紀雄
  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復/スティーブン・R・コヴィー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です