「仕事」と「プライベート」を分けるにはどうなのよ

僕はエンジニアとして働いてもう少しで3年が経とうとしています。

そんな僕がこの間、友人と話をしていると、友人が「プライベート」「仕事」を分けて考えていて、それに少し疑問を抱きました。

かくいう僕は学生の頃から、プログラム書いているのがとても楽しいと感じていました。そして、好きなことの延長でエンジニアという職を選びました。

エクセルとかワードでドキュメントを作るような仕事で食べていくのはとても嫌だなとも思っていました。その仕事は僕のする仕事ではないと思っていましたし、今でもそんな仕事は一瞬でもしたくないと思っていますし。。。

「仕事」と「遊び」

最近流行りのAIですけど、これが「仕事」「遊び」という概念を破壊する時代がくると思っています。というのも、ググって出てくることは、AIがやってしまうからです。実際に社長の仕事を AI がやっている会社だってあるらしいですし。。。

我慢してやっている仕事は、それはもうAIがやるということです。

「やったぜ、もう仕事しなくていい!」と思うかもしれませんが、その瞬間から今やっているその「仕事」がなくなるということです。つまり、給与がもらえなくなるのです。

そして、「仕事」「遊び」の延長でしていかなければならない時代が来ます。

今の時点でもその波は見えてきていて、youtuberはある意味遊びの延長でやっている仕事ですよね。

まだまだ煽っていきますと、これから世界のインフラはもっと整っていき、世界が常時オンラインになっていきます。そして、その中でAIが仕事をし、24時間働くようになります。それに伴い、僕ら人間も24時間仕事をすることになります。もしこれが「頑張ってやる仕事」だと、毎日が地獄でしかないですよね。でも、「毎日、遊べる」と思うと、めちゃくちゃハッピーだと思いませんか?そんな時代が近いうちにやってきます。

そんな時代で、あなたは今の職で生きていきたいと思っていますか?遊びの延長で仕事をしたいと思いませんか?

更に、ベーシックインカムという仕組みが始まるかもしれません。今より「働く」ということを考えなくてはいけなくなってきます。

これからの時代は、「遊び」の延長で仕事する人がどんどん出てきて、今ある仕事はAIにとってかわられます。その代わりに出来た時間と労力で、今は存在しない「仕事」「遊び」の延長として、市場価値を生んでいくのです。

まとめ

ここまで煽り論調で書いてきましたが、こんな時代が来ると分かっていればいくらか対応のしようがあります。例えば、

  • 自分に正直に、好きなことでキャリアを作ること
  • 同時にマルチキャリアで稼ぐことを始めること

が僕が考えつくアイデアです。にしても、大げさにここまで煽ってきましたが、なんでここまで煽ったかと言うと、僕がワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>を読んで、とても衝撃的で、ワクワクしたからです。わかりやすく影響を受けてしまったからです。

今回は記事はワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>の内容と少しの僕のアイデアを混ぜて紹介してみました。これをきっかけに、自分のキャリアや、人生を少し見直すきっかけになればと思います。

今回のテーマのヒント↓

  • ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>/リンダ グラットン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です