好きなことをやる方がコスパがいい!

 

僕はやりたいことを仕事にしたくて、エンジニアになりました。

 

僕は後先考えずに好きなことを選んだんです。

こうやって好きなことをやる方が人生としても、社会全体としてもコスパいいんです。

 

今回のテーマはその理由についてです。

 

ヒントは経済学にあった

 

僕は経済のことは何も知らなくて、少し勉強しようと思い僕が手にとったのは、池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかるでした。

 

この本では、経済学というのはどういうものか、その歴史、今置かれて日本の経済のことをとにかくする分かりやすく、書いてあります。

 

その中で比較優位という考え方があります。

これは貿易の際に、各国が得意な分野で得意なものを頑張った方が全体として生産性が上がるという考え方です。

 

比較優位ってなに?

 

比較優位を具体的にしめします。

米と小麦の生産においてA国、B国が貿易するとしましょう。

 

このとき、両国が同じだけ頑張って生産すると、結果的に2700の全体の生産量がアウトプットとなります。

 

一方で、それぞれがそれぞれの得意で頑張ると、生産量は2900になります。全体として、増えちゃいます。

 

 

 

今回の大事なとこはここです。

 

これを自分の好きなこと、得意分野と生産量に置き換えて考えてみます。

 

事務職とエンジニアでA君、B君が同じ時間働くと、300のアウトプットです。

 

 

それぞれが得意分野に注力すると、400のアウトプットです。

 

 

 

つまり、得意なことをすることで社会全体として生産性が上がるということです。

 

あなたが今やっている得意でない仕事を我慢してやってるならば、今すぐやめて別の好きな仕事に就いた方が社会全体として生産性があるんです。

 

 

まとめ

 

僕は直感的にやりたいことを選んできました。

そして、比較優位という考え方においては、このことラッキーでした。

 

「好きなことで夢中になってやることには勝つことはできない。」(死ぬこと以外かすり傷より)です。

 

嫌なことで、やりたくないことを仕事にしているのならば、その職は辞めてしまった方がいいです。

 

それは会社というレベルではなく、社会という全体レベルで見ると、コスパがいいんです。

 

だから、今すぐ好きなこと、得意なことを始めるべきです。

責任こそ取れませんが、そんな気持ちを、背中を押すことならできます。

 

もし世界がこんなふうに動けばもっと世界を良くなるはずです。

 

今回のテーマのヒント↓

 

  • 池上彰のやさしい経済学 (1) しくみがわかる (日経ビジネス人文庫)/池上 彰
  • 死ぬこと以外かすり傷/箕輪 厚介

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です