僕は、以前はお酒が好きで飲み会にもよく参加していましたが、最近はそうでもなくなりました。

以前の僕はお酒に頼るところがあったと思います。でも、なんだかこれは違うというふうに思うようになりました。

 

それからお酒をやめるのは簡単でした。

 

正直、お酒をやめるのは簡単です。

 

今回は僕のお酒をやめた方法をアイデアとして共有させてください。

 

僕がなぜお酒をなぜやめたのか

 

僕がお酒をやめたいと思った理由は二つです。そして、やめるためのすべてはモチベーションです。

 

僕がお酒をやめたいと思った理由の一つは、お酒を飲んだ次の日、なんだかぼんやり起きてしまうのってなんだか時間がもったい、と考えるようになったからです。

 

次の日ぼんやり起きてしまうと、その日にやろうと思っていたことできずに、そしてそれもできず次の日、そしてまた次の日というふうに堕落の一途をたどってしまいます。僕は簡単にそのループにはまることができます。

 

僕がお酒をやめたいと思った理由のもう一つは、お酒の力を借りないと言いたいことが言えないような自分が嫌になりました。シラフで言いたいことを言えるほうが幸せだ、と思うようになりました。

 

お酒を飲んでしまったがために、こんな事態になるのが嫌でした。

 

そこから、お酒を辞めるのは簡単でした。

お店でも初めからお酒を頼まなければいいだけです。ただそれだけです 。

さらに予防線として、僕はやったのは、先に周りに宣言するという方法です。

 

「今日は飲まないから」

 

と周りに宣言しました。僕はプライドが高いのでそれを守るんです。できない自分を認めたくないので。

 

これで僕はお酒をやめることができました。

コツは甘えたくなる自分を自分の中から追い出してしまうことです。

常にオープンマインドでいたかった

僕は常にオープンマインドでいたいと思いました。

好きな人には好きと言う嫌いな人に嫌いと言う人でいたいと思いました。

 

自分が常にオープンマインドでいれば、周りもオープンマインドになると思っていました。

そして、実際にオープンマインドのでいれば、不思議と周りにオープンマインドの人が増えてきたように思います。

 

信じないのかもしれませんが、本当です。

お酒をやめるとオープンマインドでいられます。僕は。

まとめ

常時オープンマインドでいられると相当幸せです。変な気を使ったりすることがなくなりますし。

言いたいことをお酒の力に頼ってしまいがちの人は、一度やってみてほしいです。騙されたと思って。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です