目標を達成するために、手帳を使って目標を達成してきました。

今回は僕が実践した目標を達成するため手帳術をいくつか紹介します。

 

前準備 目標のハードルをとことん下げる

 

目標を一日やるのは簡単です。毎日やるのがしんどいです。だから、目標はいかにやりやすく、続けやすくするかは大事な要素になってきます。

 

そのために、すぐに取り掛かれるレベルまでハードルを極限まで下げることです。

 

例えば、毎日ランニングをする、という目標があったとします。

 

そしたら、それに至るまでのプロセスに分解します。

ランニングをするに至るには、どんなプロセスがあるでしょうか。

 

着替える

靴を履く

外にでる

走る

 

こんな感じでしょうか。

 

靴を履くはすぐにできそうですね。靴を履くを目標にしてしまいましょう。これを行動イノベーションでは、10秒アクションとして紹介しています。

 

10秒アクションをして、今日はやりたいと思ったら、そのあとの準備をすればいいです。

それでやりたくないと思ったら、やらなければいいです。それで今日の目標は達成です。

 

そして、明日も同じことをします。靴を履いてみてやってみたかったらやるです。

 

毎日振り返る

 

ただ10秒アクションを繰り返していると、毎日靴履くマンにはなるかもしれません。だから次の日に振替ります。振り返りは5分で済みます。

 

ポイントは、昨日嬉しかったこと、気づいたこと、今日の終わったときのイメージをすることです。

 

ついでに、この本で書いてあったいい言葉を紹介しておきます。

 

先延ばしがあるというのは諦めたくない何かがあるということ

(本気で変わりたい人の 行動イノベーション/大平信孝より)

 

バレットジャーナル

 

毎日見たい手帳づくりというのも大事です。毎日振り返りをしないといけませんから。

ここでバレットジャーナルという手帳テクがあります。

 

毎年毎月毎日自分なりの手帳を作っていきます。手帳を開くのを楽しくするテクニックです。

 

やり方は簡単で目標のページと毎年毎月毎日のページを作って、あとは自由に自分が手帳を開きたくなるようにアレンジをしていきます。

 

例えば、タスクのチェックボックスを書くとか、派手にデコレーションするとかですね。とにかく手帳を開くのが楽しければいいです。

 

こんな動画もあるので参考までに↓

 

僕はバレットジャーナルで全体俯瞰するために使っています。

 

モチベーションブースト

 

目標を達成するには、モチベーションも大事です。毎日やるハードルを下げつつ、モチベーションをあげるのです。毎日淡々とやっていると、モチベーションがガス欠してしまいます

 

そこでモーニングページです。

 

これは「ずっとやりたかったことをやりなさい/ジュリア・キャメロン」のアイデアで、毎日、自分との対話をするというものです。

 

手帳を開いたら、そこに自分と対話の内容を書いていきます。目標があるということは、どうしてもそうしたい理由があるわけです。その理由を見つけ出す作業になります。

 

目標をクリアするためには、モチベーションがとても大事です。

 

僕は毎日朝にこれをやっています。こうだった、こう感じる、今日もラッキーだ。という具合に。

 

挫けそうになったら、手帳を読み返す

 

「黄金のアウトプット術 インプットした情報を「お金」に変える (ポプラ新書)/成毛眞では自分の悩みの答えは、自分の中にあるということで、日記を読み返すというアイデアを紹介しています。

たまにモーニングページを読み返すと、過去から成長した自分に出会えていいですよ。

ここまでやっているなんて、自分も捨てたもんじゃない、と思えます。

 

ところで今年のはじめに僕はいくつかの目標を上げていました。そしてその中で、クリアしたのは、こんな感じです。

 

  • 本を100冊読む
  • ソーシャルレンディングトライする
  • ブログをはじめる

 

今年のはじめのできたらいいな、が手帳を書いていたら達成することができた僕の話でした。

 

今回のテーマのヒント↓

  • 本気で変わりたい人の 行動イノベーション/大平信孝
  • 「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル/Marie
  • ずっとやりたかったことを、やりなさい。/ジュリア・キャメロン
  • 黄金のアウトプット術 インプットした情報を「お金」に変える (ポプラ新書)/成毛眞

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です