僕は読書が趣味なのですが、本って結構かさばって困りますよね。

 

僕はミニマリストっぽいところがあって、本を捨てるのはもったいない、でも捨てたい、でも捨てられない、というせめぎあいを過ごしていました。

 

でも、レバレッジ・リーディング /本田直之を読んでから、それも解決したような気がします。

 

 

 

僕がこの本を買った当時、ものを捨てること、減らすことに全力の時期でした。

 

これは僕の持論なのですが、モノがあることで選択肢が増え、 それに惑わされて、決断が遅れる、と思っています。

 

当時の僕は、「こんなに本があったらもう読み切れねぇし、スペース取るし、迷うし、もういやだ。。。」と 、行き場のない小さな嘆きを埋める日々でした。

 

そんなときに僕の読書スタイルを大きく変えてくれた本のが、 レバレッジ・リーディング /本田直之で、これは読んでよかったと思います。

 

 

このレバレッジ・リーディング /本田直之をざっくりとまとめますと、 レバレッジ・リーディング /本田直之で紹介されている読書法のテーマは、 本は汚して、自分の実にするということです。

 

多くの人は本に線を引いたりすることや、折り曲げること、カバーが少しでも擦れるのも 嫌だという人もいるでしょう。

 

しかし、レバレッジ・リーディング /本田直之では、 ビジネス書1冊1500円を未来の30万(数字に自信はありません。)にする。 というのを目標にしています。

 

このメソッドでは、 自分にとって必要だと思うところ、重要なところに線を引いて、引いて、引きまくって、 ページもどんどんドッグイヤーして、本を汚していきます。

 

そして、それらを適当なタイミングでA4などの紙やメモに書き出して、まとめます。 そうしてできたメモは自分専用の本となり、 通勤時間や、休み時間にそれを読み返します。

 

このメソッドでは、読み終わった本はよほど読み返したいものでない限り、 本は捨てます。

まあ、ざっくり言うとこんな感じです。

 

レバレッジ・リーディング では、本を読み返すということは考えていません。

 

本を読み返す時間がもったいないというスタンスで、もし読み返すなら書き出した メモを読み返します。

 

この本では、PCで打って、それをプリントアウトするという方法が 紹介されています。

これは好きなときに、好きなところだけを持ち歩くためなのですが、 僕はMOLESKINEのノートに写して、持ち歩いています。

僕、MOLESKINE好きなので。

 

ちなみに線が入っていないものを 使っています。

そのほうがなんとなく線にとらわれることがなく、ページを自由に使えるような気がするからです。

レバレッジ・リーディングのメソッドの効果として、 数百ページを数ページにまとめることができるので、本棚パンク問題は解決することができました。

 

また、気になるところだけ書き出すということで、自分にとって重要だと思うところしか 書き出していないので、いつ読み返しても重要項目だけを取り入れることができますし、 読めば読むほど情報をリンクして、より自分の中に入ってくるような気がします。

 

これで本は捨てられるし、本の内容もちゃんと思い出せる。完璧です。

たまに「あれ捨てなければ・・・」と思うこともありますが、それはそれでまた買えばいいんです。

本が売れないと言われる昨今、これも何かの縁だと思って、買い直しましょう。

 

作家さんに、著者に印税をば。 というスタンスで`レバレッジ・リーディング `を実践しています。

 

時間もリソースと考えると、レバレッジ・リーディングはそういう意味では理にかなった読書法です。

僕の本棚には読んでない啓発本、ビジネス書、小説が僕の本棚には積んでありますが、 読み終わったらちゃんと捨てていっています。

 

もちろんちゃんとMOLESKINEに書き出すようにして。 ミニマリストには嬉しい読書法だと思います。

おすすめです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です