ドタキャン、浮気を許したいときに読む一冊

ドタキャンされたことってありますか?

僕はありますよ。たくさん。

僕は女の子と別れるときは、だいたいドタキャンされています。

でも、それを僕はどうすることもできないんです。

浮気も同じです。

そのドタキャンがどんな理由であっても、どんな心理によるものであっても、僕が唯一できることは、それを許すことだけです。

浮気や不倫に対する疑問

ドタキャンにはじまり、浮気や不倫、離婚には焦りや、悪のイメージがあるようです。

僕はこのことに関して疑問です。

例えば、ドタキャンを考えてみましょうか。

ドタキャンって起こったあとは、どうすることもできませんよね?

相手には、相手の論理があって、ドタキャンしたのでしょう。

僕に魅力がなかったてのはナンセンスだし、理由を聞いたところでどうなるわけでもないです。

仮にその理由を論破したとして、僕はなにを得るのでしょうか。

だから、ある種こういった裏切りはされても、しても、許す以外ありません

問い詰めても無駄、無意味なんです。

相手の気持ちは、分かるはずがない

裏切り相手の気持ちなんて分かる術がありません。

僕がこんなふうに考えるのは、自分のことだけ考える。 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)/堀江貴文にの、「相手の気持ちなんて分かるわけない」という話を知ってからです。

堀江さんは、「あなたは人の気持ちが分からないのか」と言われたときに「分かるわけないだろ」と反論したそうです。

僕はこの話しを聞いて衝撃でした。

裏切られたと思うのは、分かるはずもないものに、相手にそこまで期待してしまうからです。

もし、その人と一緒にいたいなら、一緒にいたい自分になるしかないです。

同時にその根源は自分であることが前提です。

とことん許す

この間、友人と「娘ができて、結婚相手連れてきたら、どうする?」みたいな話になりました。

そもそもまだ結婚していないというのは、さておき、僕の回答は、即答で「結婚を許す」でした。

周りは「ドライだねー」なんて反応でしたが、僕には、娘だろうが、奥さんだろうが、親だって、他人です。

僕以外は他人です。

結婚や恋人なんて、わずかでも相手との共通項があった時点で、十分幸せですよ。

僕はそう思います。

僕にはそれしかできないと信じています。

だから、僕はいつでも許すしかない、と常々思います。

  • 自分のことだけ考える。 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)/堀江貴文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です