A4用紙のアイデア奥義 アイデア出しをカンガエルエンジニア

A4用紙のアイデア奥義

 

どうも、ミヤマです。

 

「くそ、解決策が浮かばない」

「いいアイデアはないものか」

 

と思うことはありませんか?

 

そのときこそA4用紙を用意してください。

A4用紙にはそんな問題解決する力があります。

 

 

ということで、今回 はA4用紙を使ったメソッド本を紹介します。

 

A4用紙で解決するメソッド本3選

 


ゼロ秒思考/赤羽 雄二

 

「すべてを書き出す」ことの凄さをこれで知りました。

悩みもアイデアも思うこと全てをA4用紙に書くんです。しかも1分で。

 

僕はこのメソッドを仕事で取り入れていて、仕事悩むということかなり減りました

「速さはすべてを解決する」という赤羽雄二さんの魂の籠もった一冊です。


考具 ―考えるための道具、持っていますか?/加藤 昌治

 

これは「アイデアの出し方テクニック集」といったところでしょうか。

 

書き方がやさしくて読みやすく、直ぐに実践できるというのは、ポイントが高いです。

これを読むとすぐに試したくなりますよ。


「言葉にできる」は武器になる。/梅田 悟司

 

考えや悩み、あらゆる思考は、すべて言葉からきています。

アイデアも例外ではありません。

 

その言葉は自分の無意識の中からできています。

その言葉を表現するために、コピーライターとして10年以上の梅田 悟司さんがここに答えだしています。

 

アイデアは既にある

アイデアは実は自分の中にすでにあるんです。

それが目に見えていないだけです。

 

アイデアは目に見えるようにするために、とにかく書くんです。

 

自分の心を上に吐き出すんです。言葉として。

 

アイデアの種は既にあなたの中で育っています。

 

僕は仕事をするときはもちろん、ブログのアイデア出し、悩み、心に思うことは、すべてA4用紙に書き出すようにしています。

書き出して自分の状態を可視化すると、堂々巡りがなくなり、考えを俯瞰することができます。

 

 

ところで、このへんであなたもアイデアを出したくなってきましたか?

 

トップ画像素材↓

ron dyar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です