多読で差をつける 多読をカンガエル

多読で差をつける

 

どうも、ミヤマです。

 

読書には、一冊を読み込む派と多読派がいます。

 

読み込む派の「同じような本をいくつも読むのは無駄、一冊を読み込むほうがコスパもいいしら無駄がない。」

 

というこの考え、とても分かります。

 

 

ただ、それでも僕は多読推しです。

 

今回はその理由を紹介します。 


僕が多読を推す理由

理由1: 時間を節約できる

 

質の読書は、考えながらじっくりと余すことなく読んでいきます。

 

ただ、この質の読書の人ができる人は、器用な人、地頭のいい人が多いです。

僕の今までの人生の中では。

 

質の読書をはじめからできる人は多くありません。 

 

質の読書は全部じっくりと読み込みます。かえって時間がかかってムダが多いこともあります。

 

今持ってない知識を入れるための読書であるなら、既にわかっているとこを読むのはムダです。

 

こういう時間を節約するための多読です。

 

理由2: 意見の数

 

一冊の本は一人または数人で書かれます。

 

いわば本は、たかだか数人の主観です。

 

そして、主観寄せ集めたものが客観です。

 

多読は、そういう主観集めにより、より正確な客観を作ることにフォーカスします。

 

別々の本で同じ内容を見かけたら、その意見はそれだけ大事ということです。

 

客観的な意見を集めるためにも、やはり多読です。

 

理由3: 読書スピードが上がり続ける

 

読書にもカンやコツ、パターンがあります。

 

例えば、日本人が著者のビジネス本やハウツー本は、小見出しに結論→理由→具体というパターンが多くあります。

 

一方で、海外のものだと、1つのテーマに対して多くの具体例、ストーリー、エビデンスを示して、章の最後にテーマを再提示してまとめるというのがよくあるパターンです。

 

読書には、こういったパターンがいくらかあります。

 

パターンを知っていると飛ばせる箇所もわかります。

 

読まないとこは飛ばして、スピードを上げられます。

 

このパターンをつかめるようになるためには、多読するしかありません。

 


知識メタボ、知識ミニマリスト

 

『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』(四角大輔 著)に、「ミニマム・ライフコスト」というアイデアがあります。

 

これは「集中するために必要なものは必要なときに必要なだけ」というアイデアです。

 

例えば、「お腹が空いたときだけものを食べる、それ以外のときは食べない」という感じです。

 

 

読書も同じです。

必要なときに必要なだけ読んだほうがいいです。

 

 なぜなら、必要以上に本を読み込むと知識

ばかりが多くなっていきます。

無駄な知識はときに邪魔になります。

 

知識メタボです。

 

そんなその余計な知識はひけらかしにしか使えません。

 

読書は必要なときに必要なところを読めばいいんです。

 

要らない知識を入れて偏るより、自分に必要な情報を入れることです。

 

こんなところで、今回は多読についてでした。では。

 

今回のテーマのヒント↓

  • 王様の速読術/斉藤 英治
  • 「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書/西岡 壱誠
  • 人生にゆとりを生み出す 知の整理術/pha

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です