「ダッシュ法」でいざ勝負 タスク管理をカンガエル

「ダッシュ法」でいざ勝負

 

どうも、ミヤマです。

 

ダッシュ法というタスク管理術を知ってますか?

 

これは「仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版/マーク・フォースター」で紹介されているクローズリストのためのタスク管理術です。

クローズリストについては以前書いたのでここから↓

今、決断のとき TODOリストを捨てる TODOリストをカンガエル

 

 

時間は有限なのにタスクはいつでもその時間を汚染してきます。

タスクは貯まるばかりです。

 

「そんなこんなで気づけば定時過ぎ」、なんてこともダッシュ法なら解決してくれます。

 


必要なのはタスクと制限時間

 

 

スマホを何も考えずに操作していると、TwitterとYou Tubeで1時間過ぎていた、なんて経験ありませんか?

 

人間は制限時間がないと、それをダラダラやってしまいます。

 

ここにヒントがあります。

 

何か終わらせたいことがあったら、これの逆をやればいいんです。

 

 

それこそがダッシュ法

 

ダッシュ法に必要なのはタスク制限時間です。


実践!ダッシュ法

 

とりあえず、ダッシュ法を実際にやってみましょうか。

 

まずタスクを並べて、それに制限時間設定します。

 

  • タスクa – 5分
  • タスクb – 15分
  • タスクc – 10分

 

という具合です。

 

ダッシュ法のポイントはこれです。↓

 

  • 短いインターバルでこなす
    • 最大でも40分が集中の限界なので、それを目安にするといいでしょう。
  • 大きなタスクは分割する
    • 一気に大きなことはできません。「困難を分割せよ」です。
  • タスクが完了した時点で休憩しない
    • 心に終了の事実ができると、次が始めづらくなります。完了したらすぐに次のタスクに移ることです。

 


「締切は僕らの味方だ」

ダッシュ法において制限時間は友達です。

僕らを苦しめるためではありません。

 

 

夏休みの宿題を思い出してください。

 

夏休みの宿題が終わるのは、始業式の前日ですよね?

始業式がなければ、やらないでしょう?

 

 

ここからわかるのは制限時間、締切納期が課題、問題を終わらせているという事実です。

「仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版/マーク・フォースター」では、このことを期限の効果と言っています。

 

 

この期限の効果を知っていると、制限時間締切も悪いもんではありません。

 

こんなところで、今回は僕の好きなテッドトークの言葉で締めておきます。

 

「締切は僕らの味方だ」

Deadlines are not your enemy! | Shinichiro Katsu

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です