資産かそれとも負債か 資産をカンガエル

どうも、ミヤマです。

いきなりですが、こんな言葉を。

かねが人生のすべてではないが有れば便利 無いと不便です 便利のほうがいいなあ

相田 みつを

確かに便利です。お金。

僕らの生活を豊かにするのは、お金です。

また、エンジニア起業投資をする人は多くいます。

そして、その起業投資資産になります。

ただ、ここで少し資産に考えてみませんか?

今回は、そのお金は資産か、それとも負債か、を考えます。

資産 or 負債

例えば、マンションやバイクを買うのは、資産でしょうか?負債でしょうか?

金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 /ロバート キヨサキの理論から言うとそれは負債です。

金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 /ロバート キヨサキでは、自動でお金が入るものが資産、といっています。

つまり、物に買うのにローンただ払っているだけならそれは、負債なんです。

なぜなら、マンションや、バイクは自動でお金を持ってきてくれませんから。

もしこれを資産とするなら、例えば、マンションをAirbnbで民泊を始めれば、それは資産になります。

バイクも誰かにレンタルするようにすれば、それは資産です。

つまり、支出があるうちは、それは負債、自動でお金を持ってきてくれるものが資産です。

明日のお金を運ぶ資産を作る

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる/ロバート キヨサキでは、損益計算書貸借対照表を使って、お金持ちと貧乏人の違いを示しています

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる/ロバート キヨサキのものを参考にしました

例えば、会社を考えてみます。

会社というのは社長の所有物です。

給料は社長が決めることができます。

社長は社員に給料を払い、そこでできた儲けを収入として得ます。

社長にとって給料を払うことは支出ですが、これはコントロールできる支出です。

なぜなら、給料は社長でコントロールできるからです。

つまり、社長にとって会社は自動で自分にお金を持ってきてくれる資産です。

だから、社長は金持ちです。

一方で、社員はどうでしょうか?

社員は会社からもらった給料で、あらゆる請求書を処理すると、手元に残るお金は少しになります。

社員には、資産がありません。

支出があるのみです。

だから、社員は貧乏人です。

このことを金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる/ロバート キヨサキでは、金持ちのゲームと言っています。

僕らがお金を得るのには、この四角で区切られたフィールドを制する必要があります。

そのためには、資産が必要です。

「恒産なくして、恒心なし」

孟子は、「恒産なくして、恒心なし」と言っています

つまり、「お金がないと、安心できない、だから仕事もプライベートもうまくいくわけないだろ」ということです。

また、金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる/ロバート キヨサキでも、お金はメンタルコントロールによるところが大きいとあります。

かくいう僕は、キャッシュクワドラントの理論の上では実は明らかに貧乏人です。

資産はありません。

だから、僕は考えてこのブログを収益化して、資産にしようとしています。

今こそ、資産を作るときです。

こんなところで、今回は。

今回のテーマのヒント↓

  • 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 /ロバート キヨサキ
  • 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる/ロバート キヨサキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です