いい本の選び方 いい本をカンガエル

どうも、ミヤマです。

ぼくは毎日、一冊一時間で読みます。

本を読むなら、あなたにとってのベストな本をえらぶべきです。

その人に合った本がかならずあります。

そういう本をえらんで読むべきです。

今回は、どんな本があなたにとっていい本なのか、をかんがえます。

本には3つのレベルがある


どんな本をえらぶかで、その本から得られるものは決まります。

そこには3つのレベルがあります。

では、そのレベルとはどんなものか、あげていきます。


「全く理解できない、知らない」レベル

これは引き出しが全くないから、理解ができないというような本です。

こういう本を読むには、集中力と体力が必要です。

ただ理解すると得られるものは大きいです。

「なるほど!確かに!」レベル


自分のなかに多少の引き出しがあるものような内容の本がこれです。

こういう本は気づきを与えてくれます。

そして、そこそこの情報を得ることができます。


自分の引き出しにさらなるプラスするので、理解も早いし、実践もしやすいです。


ただ、得られる情報の量は、全く理解できない、知らないレベルほどおおくありません。

「あ、もうそれ知ってる」レベル


こういう本は読んでも得るものはほとんどありません。

ただ、だからだめというワケでもありません。

そういう本を読むことで、もうそれ知っているよ、と優越感に浸ることができます。

ただ、新たに得られる情報はほとんどないです。

どんな本を選ぶべきか?


レベルが3つありますが、これをバランスを考えて読むことが重要です。

「なるほど!確かに!」レベルは、積極的に読むことで雪だるま式に情報をふやすことができますが、そこから遠く離れたような内容のものにたどり着くには時間がかかります。

そうならないように、適度に「全く理解できない、知らない」レベルの本を読むのが大事です。

ぼくはビジネス書をたくさん読むので、そのへんのことには少しわかりますが、歴史のことについてはまったくわかりません。

なので、これから歴史の本にもチャレンジしていきます。

一方で、落ち込んでいる、もうなにも吸収できてないな、と思ったときには、「あ、もうそれ知ってる」レベルのものを読むといいです。

すでに知っているものでも、そういう不安を消すのに役にたちます。

例えば、自己啓発本なんてのはこの類です。

自己啓発本に書いてあることはだいたいおなじですが、不安なときに読むと安心することができます。


本は、薬です。

そのときの自分に合わせて選ぶのが大事です。

さて、どんな本をよもうか?


読書するひとは多くありません。

なので、本を読むということは、それだけでアドバンテージになります。

何読めばいいのか、わからないなんて思うまえになにか読んでしまったほうがいいです。

それだけでアドバンテージなんですから。

ただ、覚えておいてほしいのは、その本を選んだ時点で得られるものは決まっているということです。

こんなところで今回は、いい本の選び方を考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です