寿命はどこまでつづく? 寿命をカンガエル

どうも、ミヤマです。

キャリアをえがくのは、いいことです。

ただ、それってどこまで生きるつもりなんでしょうか?


人間の寿命はどんどんのびていそうです。

こんなところで今回のテーマは、寿命についてです。

ぼくらの寿命はどこまでつづく?

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略/リンダ・グラットン,アンドリュー・スコットよるとぼくらの寿命はずっと伸び続けているそうです。

そして、その寿命はのび、100歳まで生きるのが当たり前になるといいます。

ぼくが平均的に生きたとすると、ぼくは102歳くらいまで生きるそうです。

なぜか?

その要因のひとつとして、医療技術の発達があります。

病気は、どんどん治療できていきます。

同時に今まで早期発見できなかった病気が早期発見できるようになります。

それはガンでも例外ではありません。

実際にガンを発見する技術として、線虫を使った技術が最近はでてきていますし。↓

https://hbio.jp/n-nose/

どう生きよう?

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略/リンダ・グラットン,アンドリュー・スコットでは、寿命が伸びるというのは、それだけ健康でいられる期間が伸びること、といいます。


そうなると、年齢で仕事を辞めるタイミングを判断するのはそもそもどうなのでしょうか?

80歳になったときにどんなふうに生きていたいですか?

もしかしたらベーシックインカムで生きられるかもしれません。


「どうやって生きようか?」


そんなことを考えるべきなのではないでしょうか?

とりあえず、好きなことをしよう


ぼくらは何の気なしに生きていると、「あら、意外と生きてしまった」、なんてことになりそうです。


そうならないためにも、好きなことをとりあえずやっておくしかないな、とおもいます。

ざっくりなキャリアを考えて、今好きなことに集中することです。

人生は分散投資できない、リハーサルなしの一発勝負です。


好きなことをやっていきましょう。

では、今回は寿命についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です