個人がイノベーションを起こしていく イノベーションをカンガエル

どうも、ミヤマです。

今回は、イノベーションのジレンマ /クレイトン・クリステンセンを紹介します。

ネタバレします。注意してください。

では、いきましょう。

今回はイノベーションのジレンマ /クレイトン・クリステンセンを紹介します。

イノベーションの代償

イノベーションのジレンマ /クレイトン・クリステンセンによると、イノベーションに手を出すと、その代わりに手に入れるのはメリットばかりでないといいます。(ここで言うイノベーションとは、新しい技術、モノと言い換えるとわかりやすいかもしれません。)


イノベーションに手を出そうとすると、それにはマンパワーが必要になります。

組織の規模を拡大しなければなりません。

これによって生じる問題が2つあります。

  • 会社、または組織は一定の成長率を維持しようとする
  • 組織の内部では官僚主義が出てくる


こうなると、物理的にも、組織としても次のイノベーションに踏み出すことができなくなってしまう、といいます。

これがイノベーションのジレンマです。

イノベーションを続けるためには?

イノベーションをすると、組織の規模が肥大化→一定の成長率維持→リスクが取れなくなります。

では、このような状態で、どうやって次のイノベーションに手をつけるにはどうしたらいいのか?

イノベーションのジレンマ /クレイトン・クリステンセンでは、その一つの方法として、企業の規模をもう一度小さくしてしまうこと、とあります。

個人がイノベーションを起こしていく

イノベーションの足かせのひとつの要因になるのは、組織の規模です。

それがあまりに大きすぎるため、フットワーク軽く、次の一手を打つということができなくなってしいます。

しかし、そういったイノベーションは、組織だけがやる時代なんでしょうか?

次々とどこかの個人がやってしまうのでは、ないでしょうか?

革命のファンファーレ/西野亮廣、新世界/西野亮廣の話を思い出してみます。

これからの時代は信用経済といいます。

個人がイノベーションを起こしていくのではないでしょうか?

イノベーションに必要なのは、お金とマンパワーです。


今はクラウドファンディングというのがあります。

イノベーションをするにあたって、資金の心配は信用でどうにかなりそうです。


マンパワーは、そのひとに信用が集まることになります。

またやりたいひとが「やります!!」と手もあげるだけです。

イノベーションにおけるマンパワーもクリアできそうです。

こうなってくると、イノベーションは個人が起こしていくのでは?とぼくはかんがえます。

イノベーションはもっと異常な発生率になっていくとぼくはかんがえます。


こう言うと、ちょっと異常事態のように感じますが、それもなんだか楽しそうです。

こんなところで、今回はイノベーションのジレンマ /クレイトン・クリステンセンを紹介しました。

今回のテーマのヒント↓

  • イノベーションのジレンマ /クレイトン・クリステンセン
  • 新世界/西野亮廣
  • 革命のファンファーレ/西野亮廣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です